展覧会「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」2022年3月3日から日本橋高島屋S.C.にて開催!



「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」開催概要


デザイン・ダイアローグ ライフスタイルの、その先を。

毎年パリで開催される国際展示会「メゾン・エ・オブジェ」。このたび高島屋では、世界のインテリアデザインのトレンドを牽引するトレードショーを編集した展覧会を開催します。「メゾン・エ・オブジェ」の主催者SAFIが総指揮をとる本展。フランス人キュレーターが手掛ける会場構成も、見どころのひとつです。全3部構成のうち、1部と3部は、フランソワ・ルブラン・ディ・シシリアがキュレーションを担当します。また、本展のハイライトともいえるエリザベス・ルリッシュが担当する2部の新作コレクション「ホワッツ・ニュー」のパートは、パリ会場に先駆けた展示となります。(パリのメゾン・エ・オブジェ開催延期の為)。日仏クリエイティブ界のオーソリティ、ジャンリュック・コロナ・ディストリアをコーディネーターに迎えて「デザイン・ダイアローグ」をテーマに、デザインを通じての多様な〈対話〉の姿を模索します。


明日をつなぐデザインの体験

「メゾン・エ・オブジェ」は単なる展示会ではありません。デザインを生み出す逸材に、常にスポットを当ててきました。本展でも多くのクリエーターの存在に注目します。1部では、過去に「デザイナー・オブ・ザ・イヤー」に輝き、めざましい活躍を遂げるクリエーターのなかから21名の作品が集結。「椅子」と「照明」の代表作を用いた、珠玉のデザイン空間が会場に登場します。

その熟成した世界観から一転、今日のクリエーションの進化を表現するのは、2部「ホワッツ・ニュー」。パリのメゾン・エ・オブジェ出展者の新作コレクションによる、感度の高いキュレーションをご覧ください。

3部は次世代の創作活動に贈られる「ライジング・タレント・アワード」を讃え、受賞者の作品を展示します。今年は日本の新鋭クリエーターたちが選考されています。彼らの内なる部分から表出されたクリエーションと、希代のキュレーションにより、会場にいくつもの〈対話〉が生まれていきます。


〈対話〉を生み出すものたち

会場のイントロダクションには、かつて高島屋で開催されたシャルロット・ペリアン展「選擇・傳統・創造」(1941年)から不朽の名作も登場。「ル・コルビュジェ、レジェ、ぺリアン三人展」(1955年)をはじめ、高島屋とフランスは、長年ともに歩み、デザインという表現で、少し先の暮らしの在り方を示してきました。世界中が大きな変化の時代を歩んでいるいま。私たちは、すでに気づいています。生きていくために必要なものは、それほど多くないことに。ならば、より心地よいものを。限りなく美しいものを。デザインの力を享受する「メゾン・エ・オブジェ」の体験が、ニューノーマルな明日へのメッセージを届けます。


展示会構成:下記のリンクから髙島屋特設サイトでご覧頂けます!

https://www.takashimaya.co.jp/store/special/maison-objet/chapters.html


展覧会紹介動画(ロングバージョン)


展覧会紹介動画(ショートバージョン)



開催店舗・期間

日本橋高島屋S.C. 本館8階ホール 3月3日(木) → 3月21日(月・祝) 入場時間:午前10時30分~午後7時(午後7時30分閉場)

※最終日3月21日(月・祝)は午後3時30分まで(午後4時閉場) ※都合により、催し内容・会期等が変更または中止になる場合がございます。

最新の情報は日本橋高島屋S.C.さまのホームページを御覧ください。


予告

京都高島屋7階グランドホール 4月28日(木)→5月9日(月)

※営業時間等は決定次第お知らせいたします。


予告

ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階特設会場 8月17日(水)→8月30日(火)

※営業時間等は決定次第お知らせいたします。


皆様のご来場を心より、お待ちしております


Featured post
Archive