検索
  • office1884

Mapic2018開催終了のお知らせ


Mapic2018は、今回も盛況のうちに閉幕いたしました。

今年は、弊社が日本での代理店業務を開始して3年目。

業務開始当初は、日本ではほとんど知られていなかった当展示会ですが、おかげさまで徐々に日本の業界の方々にも認知いただけるようになりました。

この度Mapic2018にご参加いただきました皆様には大変感謝しております。

この場をお借りして、御礼申し上げます。

下記にて今展のレポートをお届けします。

<Key figures>

  • 参加者数:約8,500人

  • 参加国数:約80か国

  • リテーラー:約2,000

  • デベロッパー:約2,200

<オープニングパーティ>

会期は11/14~16の3日間ですが、前日の13日には毎年恒例のオープニングパーティが開催されました。年に一度、世界各国から集まる業界トップの方々が、翌日からの商談に向けて顔を合わせる場になっています。

今年はレジャーとイノベーションがテーマに掲げられていたこともあり、VRの体験ができるコーナー等がありました。

<MAPIC AWARDS 2018>

毎年開催されているこのアワードは、専門家による審査のもと、小売不動産業界においてその年の最も優れたブランドやプロジェクトに賞が贈られるというもの。

今年はイオンモール株式会社様がGlobal Industry Partnerを、ユニクロ(ファーストリテイリング株式会社)様がBest Retail Global Expansionを受賞されました。

以前より主催者からは「世界のデベロッパーやリテーラーは、日本に高い関心がある」と聞いておりましたが、こうして日本の企業様が業界トップの方々が集まる場でスポットライトを浴びられたことを、私共も非常に嬉しく思っております!

<カンファレンス・サミット>

今回初めての開催ながら、最も多くの注目が集まり、満席となったレジャーサミット。

アウトレットサミット。こちらも300人以上の方に参加いただき、満席となりました。

この2つのサミットは出展社の方もご参加いただけるよう、会期前日の開催という配慮がなされました。

仏最大手のデベロッパーであるUnibail-Rodamco-WestfieldのCEO Christophe Cuvillierがキーノートスピーカーを務めたオープニングカンファレンス「TRANSFORMING REALITY: PHYSICAL IN THE AGE OF DIGITAL」

2018年6月の、Unibail-RodamcoによるWestfieldの買収によって一大不動産企業となった同社ですが、世界13か国以上で97のショッピングセンターを運営し、これら施設への来店客数は年間約12億人になると試算されています。その大企業を率いるCEO Christophe Cuvillierが、いかに実店舗で顧客を魅了し続けるかについてを語るということもあり、多くの参加者の関心を集めていました。

Christophe Cuvillierは、今年のMapic AwardにてPersonality of the yearを受賞しました。

この他にも会期中には、様々なカンファレンスやネットワーキングイベントが開催されました。

今年は例年に比べ、カンファレンスやサミットへの出席者が増えており、主催者としては市場が大きく変動してきている昨今の時代を反映して、小売不動産業界の今後を多くの方が模索されていることの表れではとみております。

<その他会場の様子>

<次回の開催に関して>

会期:2019年11月13日(水)~15日(金)

会場:フランス、カンヌ、パレ・ド・フェスティバル

主催者:Reed MIDEM

参加者数(予定):約8,000人

参加国数(予定):約80か国

参加者業種:デベロッパー、リテーラー、投資家、ブローカー、フランチャイズパートナー、建築-設計事務所など

URL:http://www.mapic.com/

<お問い合わせに関して>

株式会社デアイ

Tel : 03-3409-9495

担当 : 横川、尾鷲


0回の閲覧